弱い水流で流してしまった

意外な盲点として、弱い水流で流すことです。節水のつもりで、あるいはあまり力を入れずにレバーもそこまで引かない。この場合、流れる水の量が少ないので節水にはなるのですが、水流が弱いので物が流れていきません。水だけが流れるものの物が留まってしまいます。

一度程度であれば良いのですが、何度も行われていると次第に詰まっていくのです。節水の一環として水を流す際に水流を弱めていると起きやすいと言われています。この問題の厄介な点は、詰まるまで分からない点です。例えば先に挙げたティッシュペーパーや布を流してしまった場合、原因がすぐに特定出来ますので改善も簡単です。

詰まっているものを除けば良いだけです。一方、水流が弱いおかげで詰まってしまう場合、当事者としては思い当たる節がないのです。節水をしていただけであって、まさかトイレが詰まるとは思いもよらないでしょう。しかも目には見えない部分で詰まってしまっていますので自力での改善も難しいのです。節水も大切ではありますが、あまりにも節水ばかりを意識してトイレを詰まらせてしまっては節約どころか予期せぬ出費になりかねません。トイレを流す際は、しっかりと流すようにするべきです。

ティッシュや布を流してしまった

トイレ詰まりで多いのがティッシュペーパーを流してしまうケースです。ティッシュペーパーとトイレットペーパー。どちらも似たようなものだろうと思っている人も多いのですが、両者は全くの別物です。確かに用途は近いです。流さないのであればトイレットペーパーもティッシュペーパーも同じように扱って良いでしょう。

ですが両者には決定的な違いがあります。トイレットペーパーは水溶性なので水に触れると溶けていきます。一方のティッシュペーパーは水溶性ではありません。ティッシュペーパーの方が固いので、水に触れても溶けないのです。溶けないものを水に流せば当然詰まってしまいます。

少量程度であれば良いのですが、大量のティッシュペーパーを流すとトイレが詰まる可能性が高くなってしまいます。また、布も同様です。布を流すような人はいないと思うかもしれませんが、タオルやハンカチなどをうっかり落としてしまい、そのまま流してしまうケースは意外と多いです。意図していないとはいえ布を流してしまえば詰まるのは説明するまでもありません。布に関しては不注意ですが、ティッシュペーパーはトイレットペーパーを切らしている時に利用する人も多いので、大量に流して詰まらせるケースが多いのです。

トイレが詰まったら大変

我々の日常生活に於いて欠かせない物は多々ありますが、トイレもその一つです。生理現象でもある排泄行為は我々人間にとって欠かせないものです。毎日必ず行うものです。トイレがない家など考えられません。トイレは便利ではありますが時にトラブルに見舞われることもあるのではないでしょうか。普通に使っていたつもりなのに詰まってしまい、水が溢れてきた。どうすれば良いのか分からないので四苦八苦している。

このようなケースは決して珍しいことではありません。普通に使っているだけのつもりでも、実はそこにトイレが詰まってしまう原因が隠されているのです。トイレに関して、流せば良いと思っている人は多いことでしょう。確かにトイレの使用は難しいものではありません。使用したあと流すだけです。それでも十分に活用出来るほど便利に設計されているものですが、時に詰まってしまうのはいったいなぜなのか。

理由が分かっていないとなぜ詰まるのかが分かりません。そこで、なぜトイレが詰まるのかを説明します。トイレが詰まるメカニズムは単純です。流すべきものが流れて行かない。結果、詰まるのです。詰まってしまったら自力で何とか出来るケースもありますが、水回りの業者を呼び、解決してもらわなければならないケースもあります。詰まっている間は当然トイレは使用不能になりますので日常生活に支障をきたしますが、理由が分かっていればトイレの詰まりを回避出来るはずです。