弱い水流で流してしまった

意外な盲点として、弱い水流で流すことです。節水のつもりで、あるいはあまり力を入れずにレバーもそこまで引かない。この場合、流れる水の量が少ないので節水にはなるのですが、水流が弱いので物が流れていきません。水だけが流れるものの物が留まってしまいます。

一度程度であれば良いのですが、何度も行われていると次第に詰まっていくのです。節水の一環として水を流す際に水流を弱めていると起きやすいと言われています。この問題の厄介な点は、詰まるまで分からない点です。例えば先に挙げたティッシュペーパーや布を流してしまった場合、原因がすぐに特定出来ますので改善も簡単です。

詰まっているものを除けば良いだけです。一方、水流が弱いおかげで詰まってしまう場合、当事者としては思い当たる節がないのです。節水をしていただけであって、まさかトイレが詰まるとは思いもよらないでしょう。しかも目には見えない部分で詰まってしまっていますので自力での改善も難しいのです。節水も大切ではありますが、あまりにも節水ばかりを意識してトイレを詰まらせてしまっては節約どころか予期せぬ出費になりかねません。トイレを流す際は、しっかりと流すようにするべきです。