ティッシュや布を流してしまった

トイレ詰まりで多いのがティッシュペーパーを流してしまうケースです。ティッシュペーパーとトイレットペーパー。どちらも似たようなものだろうと思っている人も多いのですが、両者は全くの別物です。確かに用途は近いです。流さないのであればトイレットペーパーもティッシュペーパーも同じように扱って良いでしょう。

ですが両者には決定的な違いがあります。トイレットペーパーは水溶性なので水に触れると溶けていきます。一方のティッシュペーパーは水溶性ではありません。ティッシュペーパーの方が固いので、水に触れても溶けないのです。溶けないものを水に流せば当然詰まってしまいます。

少量程度であれば良いのですが、大量のティッシュペーパーを流すとトイレが詰まる可能性が高くなってしまいます。また、布も同様です。布を流すような人はいないと思うかもしれませんが、タオルやハンカチなどをうっかり落としてしまい、そのまま流してしまうケースは意外と多いです。意図していないとはいえ布を流してしまえば詰まるのは説明するまでもありません。布に関しては不注意ですが、ティッシュペーパーはトイレットペーパーを切らしている時に利用する人も多いので、大量に流して詰まらせるケースが多いのです。